別府駅爆破予告は本当?銀行強盗に続き爆破予告関連性はある?現場の様子は?

スポンサーリンク



 

7月9日正午頃、

別府駅に爆破予告があったことが明らかとなりました。

別府市では大分銀行石垣支店に強盗が押し入ったこともあり、

何か関連性がありそうです。現場の様子を調べてみました。

 

 

別府駅で爆破予告

 

 

銀行強盗があったのは、午後0時37分で、

爆破予告はその30分前に公衆電話からあったようです。

 

爆破予告があれば警察はもちろん現場へ向かいます。

となると強盗にとっては願ったり叶ったりですね。

自分を捜査する警察が減るのですから。

おそらくそのような狙いがあったのではないでしょうか。

 

 

爆破予告があった場所

 

爆破予告はどこだったのでしょうか。

 

爆破予告の指定場所は別府駅だったようです。

 

 

3番線が規制されていたということは、

おそらくここに爆弾を仕掛けたとでも言ったのでしょう。

 

別府駅から銀行強盗があった大分銀行石垣支店までは

約2,5kmの距離にあります。

 

もし強盗犯が警察の捜査を拡散させるためだったら、

かなり賢い容疑者なのではないでしょうか。

 

 

SNSのコメント

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

爆破予告はデマの可能性が高いです。

おそらく強盗犯がかけたものだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。