植木健吉さん死亡事故 嵐山線 横たわっていたところを電車にひかれる 原因は何?

 

5月9日午前0時頃、

京都市右京区の京福電鉄嵐山線で、

植木健吉さんが電車にひかれ、死亡する事故が発生しました。

 

当時植木さんは自転車とともに、線路上に倒れていたということです。

事故の詳細等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

嵐山線植木健吉さんが電車にひかれ死亡

 

9日午前0時ごろ、京都市右京区西院金槌町の京福電鉄嵐山線で、京都市中京区の会社員植木健吉さん(39)が路面電車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。
右京署によると、運転士が線路上に横たわっている植木さんと自転車に気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。電車は回送で乗客はおらず、運転士にけがはなかった。
現場には踏切や横断歩道はなく、署が状況を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000033-kyodonews-soci

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が起きたのはどこだったのでしょうか。

事故が発生したのは、

京都市右京区西院金槌町の線路上ということです。

自転車とともに倒れていたということとは、

この横断歩道を渡ろうとして倒れてしまったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

植木健吉さんについて

 

この事故で植木さんがなくなっています。

 

名前 植木 健吉
年齢 39歳
住所 京都府京都市右京区
職業 会社員

 

植木さんは線路上に自転車とともに倒れていたということです。

自○の可能性もありますが、

自転車とともに倒れていたということはおそらく

帰宅途中だったのでしょう。

お酒を飲んで泥酔しており、

線路内で倒れた後、眠ってしまった可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

 

SNSのコメント

 

時間を考えると酔って寝てしまったのかな?
だとしたら運転士さんが気の毒です。

 

おそらくレールの上に斜めで乗っかって滑ったな。登りで滑っても背中強打してもたいしたことないけど現場の坂はきついから下りだとかなりの速度出てた可能があります。速度が出ていてヘルメットなしでレールと溝の間タイヤが入ったらやばいでしょうね。後頭部、背中強打したら倒れてた人は気絶してたかもしれませんね。

 

酔って寝込んでしまったか、車にぶつけられて気を失ったか、病気で倒れたのか。いずれにしても軌道の上とは、場所が最悪でしたね。車道に酔っぱらいが寝んでいて、車に轢かれて亡くなるニュースをよく見るけど、運転手さんも気の毒です。これだけ防犯カメラが発達した日本なので、もう少し進歩させてなんとか警告してもらうか、警察や警備会社が駆けつけるシステムができるといいがなあ。

 

午前0時に自転車と共に横たわっていたとなると、酒飲んで自転車で帰宅中に転倒して気を失っていたか、泥酔して寝てしまっていたのかな。酒は飲んでも飲まれるなって言うけど、その通りだね。

 

路面電車ってそんなにスピード出ないよね。十分逃げられただろうに。寝てたんだな。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

植木さんが倒れた原因等ははっきりしていませんが、

飛び込み等ではない可能性が高いですね。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。