真岡市用水路死亡事故 大嶋勇翔ちゃんが用水路に落ち死亡 一体何が起きた?

 

5月4日午後2時半頃、

栃木県真岡市の用水路で、

5歳の男の子が流される事故が発生しました。

この事故で、大嶋勇翔ちゃんが亡くなりました。

大嶋勇翔ちゃんは約3km下流で発見されたということです。

事故の詳細等調べてみました。

 

 

真岡市で5歳の男の子が死亡

 

4日午後、栃木県真岡市の用水路で5歳の男の子が流されているのが見つかり、その後、病院で死亡が確認されました。
警察は男の子が誤って用水路に転落した可能性があるとみて調べています。
4日午後4時ごろ、真岡市上谷貝の用水路で市内に住む大嶋勇翔くん(5)が流されているのを父親が見つけ消防に通報しました。
勇翔くんは病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。
警察によりますと、勇翔くんは農作業をしていた両親や兄弟4人といっしょに用水路の近くの畑に来ていたということです。
その後、両親が勇翔くんの姿が見えないことに気がつき、探したところ用水路で流されているのが見つかったということです。
警察は勇翔くんが誤って用水路に転落した可能性があるとみて詳しく調べています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190504/0029281.html

 

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

栃木県真岡市上谷貝の用水路ということです。

 

おそらく事故現場は、

江連用水だと思われます。

画像で見てもかなり流れが早いのがわかりますね。

 

 

亡くなった男の子

 

名前 大嶋勇翔ちゃん
年齢 5歳
住所 栃木県真岡市上高間木

 

男の子は農作業をするために両親や兄弟4人で、

用水路付近の畑にきていました。

その後、急に男の子の姿が見えなくなったということです。

 

 

事故の詳細

 

5月4日午後2時半頃 男の子の姿が見えなくなる
午後4時頃 約3km下流で発見
その後 病院で死亡が確認
事故現場 栃木県真岡市上谷貝の農業用水路
事故内容 男の子が用水路に誤って転落か

 

男の子が誤って転落したとされる用水路は、

幅約1.7m、深さ1mということです。

5歳の男の子が流されてしまったら、

もう上がることはできないでしょう。

マップの画像でもかなり流れが早い用水路のようです。

 

柵もかなり低く、5歳の男のでも乗り越えられそうですね。

用水路は大人でも流されたら脱出するのは難しいでしょう。

 

もっと高い柵があったら・・・

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

幼い子が水難事故にあることが多くなっています。

誤って転落するということが多いのではないでしょうか。

絶対に小さな子供から目を離さないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。