阿久根港死亡転落事故 3人が死亡し1人が心停止 無理心中を図った可能性も?

 

5月13日午前5時半頃、

鹿児島県の阿久根港で、

車が海に浮かんでいるのが発見されました。

車の中には成人した男女2名と、

男の子が2名乗っており、

成人女性と男の2名が亡くなり、

男性が心肺停止状態ということです。

一体何が起きたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

阿久根港で転落死亡事故

 

13日午前5時37分ごろ、鹿児島県阿久根市港町の阿久根港で「岸壁から20~30メートルほど先で、車が海中に沈みそうになっている」と、通りかかった漁協関係者の男性から110番通報があった。阿久根署員が駆けつけると、海中に沈んだ乗用車から男女4人が見つかり、病院に搬送されたがいずれも死亡が確認された。同署が原因や身元の確認を進めている。
同署によると、成年の男女2人と未成年の男性2人とみられる。いずれも服を着ており、目立った外傷はないという。4人とも引き揚げられた当時、心肺停止状態だった。岸壁には車両止めはなかったという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000009-asahi-soci

 

スポンサーリンク

 

車が発見された場所

 

車が発見されたのはどこだったのでしょうか。


参照元:福井新聞

車が発見されたのは、

鹿児島県阿久根市港町の阿久根港です。

現場は、肥薩おれんじ鉄道の

阿久根駅から南に約700mほど離れた場所ということです。

 

スポンサーリンク

 

単なる事故が無理心中か

 

乗用車には成人した男女2名、

男の子が2名乗っていたということです。

普通に考えれば家族でしょう。

そして乗用車が発見されたのは、

岸壁から20〜30mほど離れた場所だったということです。

どんなにスピードを出して突っ込んでも、

ここまで離れることはないので、

おそらく流されたのでしょう。

発見されたのは午前5時半頃というと、

13日の深夜には海に転落していたのではないでしょうか。

 

日曜日の夜遅くに

このような何もない場所にきたということは、

やはり心中が目的だったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

追記

 

亡くなったのは成人女性1人と男の子2人とのことでしたが、

成人男性も亡くなり、この事故で4人が亡くなったということです。

 

亡くなった男性の身元が判明しました。

4人は奄美市に住む41歳会社員の男性とその家族だったということです。

車はレンタカーで遺書は見つかっておりません。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

事故にしても心中にしても、悲しいニュースです。

男性が回復することを祈ります。

亡くなった4人のご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。