秋田新幹線速度超過した理由は?時速105キロで駅に進入!

12月28日、秋田発東京行き、秋田新幹線こまち24号

制限速度を約50キロ超過の105キロで駅に進入していたことが明らかとなりました。

 

原因は運転士が信号を見逃したということですが、

一体何が起きたのでしょうか。

調べてみました。

 

秋田新幹線が速度超過

 

28日に秋田発東京行き秋田新幹線こまち24号(7両編成)が、制限速度を約50キロ超過する時速105キロでJR田沢湖線大釜駅(岩手県滝沢市)に進入していたことが分かった。JR東日本が30日明らかにした。乗客らにけがはなかった。大釜駅は通過駅だったが、保安装置が作動したため緊急停車し、約3分後に出発した。
参照元:https://www.hokkaido-np.co.jp

駅に105キロで進入ってかなり危険な行為なんです。

 

いくらけが人が出なかったとはいえ、この事故は無視できないものです。

 

なぜ時速超過をした?

 

なぜ、秋田新幹線こまち24号は速度超過をしてしまったのでしょうか。

 

機械の故障かと思いきや、運転士が「制限速度55キロ」

という信号を見落としたためにこのような事故が発生しました。

 

そのため105キロでそのまま駅に進入し、

保安装置が作動し緊急停止しました。

 

 

実際、その線の制限速度は現在のところ不明ですが、

 

保安装置が働いたのは、信号表示の時速55キロを超えたためとしています。

 

この運転士はこの線は初めてだったのでしょうか。

同じ線を走ったことがあるなら信号があるのか覚えてると思うのですが。

 

新幹線の運転士については詳しくわからないので、これはボクの考えです。

 

この事故を起こした運転士についての情報も出ていません。

若い運転士だった可能性が高いと思います。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

人間なのでミスをすることはあります。

保安装置も無事発動してよかったです。

 

しかし、秋田新幹線はボクも乗ったことがあるのですが、

普通に在来線も走ってますからね。

 

スピードの出し過ぎはかなり危険です。

 

この新幹線に乗っていた乗客もさぞ驚いたことでしょう。

 

緊急停車はするは、普段ノロノロなのに駅を通過する際にスピードを落とさないしで。

 

しかし、緊急停車によるけが人が出なくて本当に良かったです。

 

お正月は何かと公共交通機関を使用する機会が増えると思いますが、

十分に注意して運転していただきたいです。

 

乗客何百人の命を預かっているのですから、責任は重大ですが

よろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。