赤坂御用地落書き!石垣に赤のスプレーで鳥や英語の文字が!実際の落書きの画像あり

 

6月25日午前5時15分頃、

東京都港区にある赤坂御用地の石垣に赤のスプレーで

落書きがあるのが明らかとなりました

約30mに渡る線や鳥のような絵が書かれていたと言うことです。

 

外国人の仕業でしょうかね。

実際の落書きとともに、事件の詳細について調べてみました。

 

 

赤坂御用地の石垣に落書き

 

25日午前5時15分ごろ、東京都港区の赤坂御用地の石垣に落書きがあると、通行人の男性が近くの交番に届け出た。警視庁赤坂署員が駆けつけたところ、赤い塗料で約30メートルにわたる線や鳥のような絵が描かれているのが見つかった。同署は器物損壊容疑で捜査している。
同署によると、スプレーで塗料を吹き付けており、約30メートルにわたる線の幅は約2センチ。同署は周辺の防犯カメラの画像を解析するなどして調べている。
現場は赤坂御用地東側の石垣。赤坂御用地には、天皇ご一家が住まわれる赤坂御所がある。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000547-san-soci

 

 

落書きをされた場所

 

落書きをされたのはどこだったのでしょうか。

 

落書きがされていたのは、

赤坂御用地東側の石垣ということです。

東側というと、外苑東通りの方でしょうか。

 

 

実際の落書き

 

実際の落書きはどのようなものだったのでしょうか。

 

 

鳥の絵や英語での落書きのようですね。

外国人の仕業でしょうか。

容疑者は器物破損の疑いがかけられています。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

日本人にしろ外国人にしろこのようなことは二度としないでいただきたいです。

天皇がご一家が住んでいる場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。