F35A墜落 空自三沢基地の機体が墜落か!機体の一部が発見 墜落した機体や現場はどこ?

 

4月9日午後7時27分頃、

青森県三沢市、三沢基地所属の機体

「F35A」が消息をたったということです。

その後、海上で機体の一部が発見されています。

この機体には40代の三等空佐の男性が乗っていました。

F35Aは航空自衛隊の最新鋭の戦闘機ということです。

 

墜落した現場はどこだったのか等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

海自F35Aが墜落、機体の一部が発見

 

 

9日午後7時半ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A(1人乗り)が同基地の東約135キロ付近の太平洋上で消息を絶った。空自によると、40代の男性3等空佐が操縦していたが、レーダーから機影が消え、無線に応答がない。墜落した可能性があり、自衛隊が捜索している。
 空自によると、当該機は計4機による対戦闘機戦闘訓練のため、午後7時ごろ、同基地を離陸していた。飛行前の点検や直前の交信で異常は確認されておらず、突発的なトラブルが起きた可能性があるという。空自は同型機12機の運用を当面見合わせる。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000002-asahik-soci

 

スポンサーリンク

 

墜落したのはどこだったのか

 

F35Aが墜落したのはどこだったのでしょうか。

 


参照元:JIJI.COM

F35Aが消息を立ったとされるのは、

航空自衛隊三沢基地から東に135km

の位置ということです。

 

 

こちらが海上自衛隊三沢基地の位置です。

 

スポンサーリンク

 

F35Aとは

 

消息を立ったF35Aとはどのような機体だったのでしょうか。

 

 

 

F-35Aは、F-35シリーズの基本型であり、アメリカ空軍での使用が考慮されたオーソドックスなCTOLタイプ(通常離着陸)である。2006年12月15日初飛行。2011年5月9日にロッキード・マーティン社からアメリカ空軍へ本機の納入がされた事が発表された。初期作戦能力は2016年8月2日に獲得。当初の予定では2016年12月までに獲得するとされていた。
3タイプの中では最も簡素で軽量な構造であるが、機体の大きさは、全長15.40m、全幅10.67mで、F-16の全長15.03m、全幅9.45mと比べて主翼が大きく、主翼面積は47.74m2で、F-16の27.87m2と比べて1.5倍となっている。上述の通り単発機としては大型であるため、ユーロファイターやF/A-18などといった双発機と同等以上の空虚重量を有しており、機内の燃料搭載重量は8,278kgとし、単発機のF-16の3,985kgと比べて2.5倍、双発機のF-22の9.979kgに匹敵する燃料を搭載できる。また、A型は唯一、外付けのガンポッドに頼らない固定武装として機関砲GAU-12 イコライザーの軽量発展型のGAU-22/Aを搭載している。また、胴体後部下面に収納式のアレスティングフックを装備している。
参照元:wikipedia

 

F35Aは航空自衛隊の最新ステルス戦闘機のようですね。

消息を立った後、無線に反応がなく

機影がレーダーから消えたということです。

 

当時40代の3等空佐が夜間訓練のために、

当該機体に乗って出撃しました。

現在は海上に機体の一部が残っているだけで、

パイロットの男性も発見されておりません。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

墜落したことに間違いはないようです。

パイロットの男性も存命しているかわかっておりません。

 

新たな情報が入り次第更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。